qa



「夢を現実に・・・」
情熱を持った講師があなたの夢のお手伝いをいたします


2020年度生徒募集
受験クラス27期生  児童課クラス15期生
 
    
 
 
 


 
 2019年2020年 冬期講習生徒募集
  
  
  
講師は、元・宝塚歌劇団生5名と音楽大学卒2名が担当致します。
  特別講習につき、バレエ初心者は受付られませんのでご了承をお願い致します。

  
中学2年生以上の生徒対応です。

 
 
 期間

   12月コース  26日(木)27日(金) 総合模擬試験28日(土)  締め切りいたしました。
 
             
     1月コース  3日(金)4日(土)5日(日) 
総合模擬試験6日(月) 4日5日は締め切りいたしました。
 コース

   12月  Aコース・Bコース・12月Sコース(28日総合模擬試験))
    1月  Aコース・Bコース・Cコース・1月Sコース(6日総合模擬試験))
   
  レッスンスケジュール
 
 
 11:45〜 1:30   新曲:課題曲(ボイストレーニングを含みます)
  1:40〜 3:20   面接:表現(1次・2次試験対応。表情。立居振る舞い。個人アドバイス))
  3:30〜 5;20   バレエ
  5:30〜 6:30   ジャズダンス
  


 受講料(消費税を含みます
 
 1日間受講Aコース 13000円
 2日間受講Bコース 23000円
 3日間受講Cコース 33000円
 総合模擬試験Sコース 15000円
 
 


        

 * 宿泊施設は講習日期間で先着にて予約ができます。12月は締め切りました。 
 

   

  
  お申し込みはホームページのメールでお願い致します。
   案内書を送付いたします。
 * 
定員になり次第、締め切り終了とさせて頂きます。
 * 
予約後のキャンセルは一切お受けできません。返金もできませんのでご了承をお願い致します。
 
 
 
 
 冬期講習担当の講師
 
  総合アドバイザー 榛名由梨(元・宝塚歌劇団) 面接担当

   みさとけい(元・宝塚歌劇団月組)
                
     元・宝塚歌劇団演出部での劇団生指導の経験をいかして、面接レッスン担当。

                                     
   橘 梨矢(元・宝塚歌劇団花組)
                 
     バレエ・ジャズダンス: 現役時代は主にダンスで活躍。幼少よりクラシックバレエレッスンをする。
     元・宝塚歌劇団星組娘役スター   橘 香久子の娘。
     トップハット出身1期生。同期は蘭寿とむ、紺野まひる、遼河はるひ他。

   祐澄しゅん(元・宝塚歌劇団花組)
     
     バレエ・ジャズダンス: 現役時代はダンスリーダーで活躍。幼少よりクラシックバレエレッスンをする。
     OG公演「シカゴ」他外部出演で活躍。また、宝塚歌劇団・外部作品の振付助手や演出助手など他方面にわたり活躍中。
     梅花大学講師。

  北田玉代  元・宝塚音楽学校声楽講師

   山本 楓   大阪音楽大学声楽科卒            

 
   
 
 


 宝塚受験についてご説明


1次試験
面接のみです。ハキハキと笑顔で明るい声で答えなければなりません。
又、走り方立ち方姿勢等の訓練が必要です。何人もの試験官の前で物怖じせずに答えるのは度胸がいります。
声が震えない・滑舌よく・笑顔でのレッスンをし身につける事です。又、体重が多いと不合格になります。
ここで1次試験合格をしなければ、いくらバレエ・声楽・ジャズダンスのレッスンを重ねてきても発表する事ができません。

2次試験
面接・声楽の課題曲・新曲・バレエ・ジャズダンスの科目を試験されます。
2次面接は1次面接よりも細かくチェックされます。10名が部屋に入り、右横・後ろ・左横・正面と体型チェックがあります。
話声のトーン・口角角度・目の輝き・声量・イントネーション等。椅子の座り方・立ち方・立ち居振る舞いもみられます。
課題曲は歌詞の表現力が必要となります。新曲は読譜力がいります。譜面を渡されすぐに歌うには、度胸も必要です。
バレエは笑顔で延びやかに柔軟性を表現。ジャズダンスは、振り付けを曲にあわせ踊らなければなりません。
各自での振付で踊る年もあります。共に、表情とリズム感をみられます。

3次試験
個人で面接のみです。質疑応答があるので、発想豊かな訓練での日頃のレッスンが大事になります。
又、最終面接では体重(かなりやせ型が通過しています)や足の形等、
医師も参加して 体のすべてをチェックします。



技術実力よりも、面接でのアピールで舞台人として適正表現が必要です。
明るく口角が上がりハキハキとしていることで華やかさを身につける。
そして度胸が必要。3回もある面接の試験の大切さを知り受講をして下さい。





 
紹介
岸本兄弟
バレエを愛する兄弟です。
右がお兄さんの恭平君、左が弟の亜生くん。
恭平くんは様々なバレエコンクールで入賞し、
亜生くんは、ワガノアバレエ学校から帰国して、
東京シティバレエ団で活躍していましたが、ご結婚をされ
バレリーナの奥様と、神戸にスタジオを開設しています。
恭平君は、スタジオへ自主レッスンに来て努力を重ねています。
私の、とても大切なお友達です。
皆さんもぜひ応援して下さいね!! 
 
 
*岸本恭平くん
  恭平くん(右)が、2010年「全国バレエコンクール in 名古屋」で
第2位になりました。